top of page
検索

包括性、再生、サステナビリティの世界を実現するカルダノ



"未来は今ここにある。ただ、あまり均等に分布していないだけだ"

- ウィリアム・ギブソン、SFのカルト的名作『ニューロマンサー』の先見の明のある著者。


 

「分散型台帳技術」「暗号資産」「ブロックチェーン」 「サステナビリティ」 「プラネタリーバウンダリー」 「サーキュラーエコノミー」 「ドーナツ経済学」 「持続可能な開発目標」「カルダノ」 「エイダ」。これらの言葉は何を意味し、互いにどのような関係があるのだろうか。 なぜ気にしなければならないのか、そして、ますますグローバル化するデジタル世界において、これらの言葉は互いに、そして自分自身とどのように関係しているのだろうか。


これらの言葉や概念は、ほとんどの人にとってほとんど意味をなさないかもしれません。


Sustainable ADAでは、カルダノのエコシステム内のプロジェクトに焦点を当てたニュースインサイトにより、これらの言葉やコンセプトを人々が理解できるようにすることを目的としています。すべての人にとってより良い世界を築くことに焦点を当てたプロジェクトです。


ただ聞いているだけでなく、しっかりと耳を傾ければ、私たちを隔てるものよりも、私たちをつなぐものの方が多くを語ることができる世界です。


世界中にパラダイムシフトの衝撃を与える破壊的なテクノロジーには、ある程度の人間の恐怖や誤解がつきものです。


しかし、情報過多が現実のものとなった、いわゆる情報化時代。フェイクニュース、誤報、偽情報が影も形もなく潜んでいる時代です。悪徳業者や利益を追求する日和見主義者は、私たちのオンライン検索、データクッキーの痕跡、ソーシャルメディアのプロフィール、デジタルなペルソナを食い物にして利用しようとし、その結果、無防備で無批判な一人ひとりの見解や行動を形成しているのです。


2008年、食糧価格の高騰による暴動、世界的な不安と怒りが高まり、政府、当局、「専門家」に対する信頼が著しく低下していた頃を思い出してください。モラルハザードは、搾取的なシステムの崩壊を防ぐために、「大きすぎてつぶせない」とされる銀行を前代未聞の救済措置に導きました。こうして、舞台は整った。ビットコインの登場である。


ブロックチェーンの最初のプロジェクトであるビットコインは、サトシ・ナカモトというペンネームで知られる無名の人物によって発明されました。ビットコインは、大衆に金融の自由をもたらす新しい時代の到来を告げました。私たちが自分自身の「銀行」になることを可能にするツールです。政府、企業、銀行といった中央集権的な組織からの干渉や検閲から解放されるのです。


SF小説やサイファーパンク・フォーラムの折り目正しいページの外で初めて、暗号学とコンピュータサイエンスのエレガントな融合が、革命的な目的のための分散型台帳技術の概念を世界にもたらしました。

それ以来、ブロックチェーンと暗号通貨プロジェクトに関するオンライン検索、メディアの注目、報道が増え、何千ものプロジェクトが、ビットコインとイーサリアムによって開拓された分散型台帳技術と暗号通貨という新しい競争の場で自らの提案を売り込もうとしました。


パンデミック発生以来、「ビットコイン」「ブロックチェーン」「暗号通貨」「カルダノ」などのグーグル検索の上昇に連動して、ニュース報道も増加しました。何百万人もの人々が、健康危機の中で生計を失った数百万人を苦しめる、顕著に広がる格差と不公平に対する解決策を求めてオンラインを利用しました。


昨年から延期されていたCOP26が今年11月にやってきました。毎年グラスゴーで開催されるこのイベントは、世界のリーダー、民間企業の巨人、市民社会が一堂に会し、気候変動に関する協議とコミットメントを行うもので、今年も開催されました。


解決策とそれを実現するための資金調達がかつてないほど急がれている中、分散型台帳技術はこのグローバルな闘いにおいてどのような役割を果たし、社会、経済、そして我々が密接に依存している自然界にどんな影響を及ぼすのでしょうか。


マッキンゼーによると、ブロックチェーンは、今後10年を形成する技術トレンドトップ10の7位にランクインしています。国連の持続可能な開発目標では、「貧困ゼロ」や「万人に質の高い教育を」といった目標を含む17の目標すべてを達成する目標年を2030年と定めており、この10年は「誰も取り残されない」「行動の10年」と言われています




技術トレンドはすべてのセクターに影響を与えるが、その影響は産業によって異なる。

画像引用元:マッキンゼー・アンド・シー


 

最近、ビットコインのエネルギー消費に関する疑惑がニュースでクローズアップされています。イーロン・マスクのツイートや、環境への懸念からビットコインの購入や支払い手段としてのビットコインの受け入れを停止するという決断は、「ダイヤモンドハンド」のGIFやミームが熱を帯びる中、個人投資家のFOMOや機関投資家の「ディップを買う」ことで熱狂的な市場を引き起こしました。


傍観者にとっては、テクノロジーは無力な人々に力を与え、銀行口座を持たない人々、持てない人々にも利用可能というユートピア的なビジョンがありますが、暗号市場の行動はまだ人間の心理や投機と切り離されていません。


数兆ドル規模の暗号通貨市場は、恐怖と欲の間で揺れ動く指標に象徴されるように、その不安定な価格変動によって一夜にして億万長者を生み出していますが、おそらくこれらの市場が人間の心理や投機から自由になるにはまだ時間がかかると思われます。



気候変動が国際的な懸念事項のトップを占め、国連が「人類に対するコード・レッド」を宣言するなど、温暖化する世界では、警笛が鳴らされています(ただし、警笛はかなり以前から鳴っていたと主張する人も多い)。


この警報は、サイバーセキュリティ、データ、ガバナンス、教育、グローバルサプライチェーン、アイデンティティ、人権、国境、エネルギー、土地資源管理、所有権など、さまざまな問題をめぐる地政学的・権力的な争いと複雑に絡み合い、無数の物語を通して私たちの耳に入ってきます。


このような「混乱」をもたらしたグローバルな金融システムと生産様式から効果的に移行し、切り離すために、気候に優しく、公平なソリューションと代替手段が必要であることから、「グリーンテクノロジー」と「グリーンブロックチェーン」の台頭が促されています。


カルダノのProof of Stakeブロックチェーンのような分散型台帳技術は、程度の差こそあれ、私たちを悩ませる邪悪な問題に対する解決策を提示しています。2015年以来、カルダノは数兆ドル規模の暗号通貨市場のトップ3に位置するまでに成長し、「グリーン・ブロックチェーン」の代表格としてますます知られるようになっています。


暗号通貨ブロックチェーン分野で間違いなく最大の活発なコミュニティを持つ私も、9月25日と26日の2日間に渡るオンラインイベント「Cardano Summit」に参加し、数万人の参加者に加わりました。



私のアバターは、Cardano Summitのために作られたこのデジタル世界で、NFTを集めながら探検し、島を巡っています。


 

Cardano Summit 2021のライブミートアップやオンラインサミットに参加できなかった方も、すべてのプレゼンテーションは録画されており、こちらのリンクからアクセスできますのでご安心ください: https://summit.cardano.org/sessions


世界中から、セクターや分野を超えた思想家や行動家が集まり、117の自由にアクセスできる示唆に富んだ講演を通して、様々な関連する問題や古くからある問題について議論しました。このこと自体が、ローカルおよびグローバルな課題を克服するために頭脳とツールを活用することに焦点を当てた、分散型オープンアクセス・コミュニティの強みを象徴しています。


サステイナブルADAでは、このような点と点を結ぶ行動を支援するため、社会的かつ持続可能なインパクトを与えるプロジェクトについて、議論を掘り下げ、洞察を共有する講演のショートリストをまとめました。


次回は、カルダノサミットで行われた講演の中から、カルダノの革新的なテクノロジーが、Input Output Chief of Strategic Impactのミハエラ博士が名付けた「ブロックチェンジャー」と呼ばれるチェンジエージェントによって、地球とすべての人のためにポジティブな変化をもたらすためにいかに役立っているかについて焦点を当てた記事をご覧ください。




ラザリ・サムスディン


サステイナブルADA共同設立者

 

Credit to Sustainable ADA contributor Rose for the Japanese translation from the original English article found here.

bottom of page