なぜブロックチェーンなのか?

自然災害で家や家族、持ち物を失うことを想像してみてください。何千人ものインド人にとって、これは毎年の現実です。

 

残骸や損失に加え、身分証明書などの公的な書類も失うことを想像してみてください。

 

これでは、自分が誰であるかを証明することも、家や会社を再建することも不可能に近い。さらに、土地収奪の問題もあります。誰かがあなたの財産を奪いに来るかもしれないのに、なぜわざわざ復興に投資する必要があるのでしょうか?

 

 

気候変動による緊急事態のため、2050年までに1億4300万人の気候変動難民が発生すると言われています。これは、ラテンアメリカ、サハラ以南のアフリカ、南アジアだけでの話です。

自分が何者であるかを証明できないまま、銀行口座を開き、医療を受け、結婚し、学校に入学し、投票し、パスポートを取得し、旅行しようとすることを想像してください。

 

現在、子どもや移民、難民を含め、約10億人がこのような状況で暮らしています。

第4次産業革命と関連づけられることの多いブロックチェーンは、こうした邪悪な問題に取り組むための計り知れない可能性を秘めています。

 

"ブロックチェーンであろうとなかろうと、何らかのプロジェクトが解放的であると主張するならば、その最たるものは、出発点としての技術の主張を捨て、代わりに、外部の利益や技術そのものに未来を決めさせるのではなく、地域コミュニティが自らの未来を設計・管理するための自律性と代理性を与えることだ( Crandall、2019 )。

ここSustainable ADAでは、エチオピアの教育省が展開しているアタラプリズムの分散型IDソリューションなど、ブロックチェーンとカルダノの革新的な金融・社会インフラがもたらす潜在的なメリットについて、ぜひ詳しく見ていきたいと思います。

climate change refugees world bank.png

出典:https://olc.worldbank.org/content/groundswell-preparing-internal-climate-migration-0

Haiti DID2.png

出典:https://feature.undp.org/beyond-bitcoin/